1. HOME
  2. 会社案内
  3. 社長挨拶

COMPANY

会社案内

社長挨拶

MESSAGE

company_message

見たこともない
悠久の未来を創造する。
わたしたちが
UQ(悠久)ホールディングスです。

中小企業庁によると、412万社中99.7%が中小企業に位置付けられ、毎年10,000~15,000社の企業が倒産すると言われています。
また「起業家の年齢と産業自体の寿命」と言う企業寿命30年説問題もあり、ベンチャー企業が永続的に存続し、成長するためには、創業者の世代を乗り越え、次世代の経営者に経営を引き継ぎ、市場の成長と共に、その成長ステージごとの経営スタイルの変革が必要となります。我々UQHDグループは、組織的な経営体制を構築することにより、ステークホルダー(役員・従業員、取引先、金融機関等)との信頼関係を醸成し、事業の発展に寄与する経営を目指してまいります。

よりよい選択肢を提供するために
チャレンジし続けることが成長と進化に繋がる。

我々の使命は戦略的なグループ経営のみではありません。日本企業の一員として、発達障害をお持ちの子供達を支援する「放課後等デイサービス ドレミファソライズ(以下、ソライズFC)」のフランチャイズ本部としての活動も行っております。一般的に18歳までしか利用することのできない「放課後等デイサービス」の子供達に対して、社会に出た後の人生が保護者の方々にとっての最大の懸念であると感じています。
将来的には、ソライズFCを卒業した子供達の就労支援を目的に、UQHDグループでも別ブランドを展開・業務提携し、子供達の「就労先」を確保し、ソライズFCに通えば将来的に「サービスを受ける側ではなく、サービスを提供する側」になれることを最終ゴールとして位置付け、支援を行える場として存在していきたいと思っております。

すべての人が豊かな生活を送れる
社会を実現するために。

新しいチャレンジを続けることこそが成長と進化を生み、よりよいソリューションを提供するたった一つの行動と考えます。価値のあるソリューションをスピーディーに提供し続ける。このチャレンジを通じてステークホルダーに信頼される企業であり続けることが、我々の経営目標です。

代表取締役社長 岩尾 憲一郎