障害福祉事業

サッカー×発達障害児支援
ドレミファソライズFC本部

全国

18店舗

全国

18店舗

発達障害のお子様の支援を始めるにあたり、UQホールディングスでは「サッカー」を中心に据えました。
子供達はサッカーを通じて集団でのコミュニケーションを学び、集中力や注意力を養っていきます。

サッカーは、子供達の生きづらさを減じ、成長の喜びを実感する手段となり得ます。

学校生活に苦手意識を感じていても、ドレミファソライズなら楽しい、サッカーなら積極的に取り組める。
放課後等デイサービスは、子供達の居場所としても重要な役割を担うものです。

この大切な取り組みを全国に広めるため、フランチャイズ方式を採用しています。
賛同してくださる心熱きフランチャイズ加盟店を募集中です。

株式会社ケアウィンド執行役員 兼 障害福祉事業部 部長 関 慶広より

文部科学省から、クラスに約8%は発達障害の児童がいる調査結果が出ています。グレーゾーンを含めると30%近くはいるのではないでしょうか。それだけ需要があるということです。
ドレミファソライズでは、そういった子ども達の自己肯定感・自己有用感を高めるとともに、サッカー療育を通してソーシャルスキルトレーニングに重点を置いています。
サッカー療育には、「さすが・すごい・素敵だね・すばらしい・それでいい(ほめ言葉5S)」など、ほめる機会がたくさんあります。

ドレミファソライズFC本部

事業案内一覧

TOP